雑談

ついに来た!実母の生活費の資金援助依頼(;’∀’)

ある意味、反面教師として貯金の大切さを教えてくれている実母。

「何とかなるさ」が口ぐせで、ろくに貯金もせず、むしろ借金を残したまま脳梗塞で倒れました。

幸い命は助かりましたが、維持できなくなった実家はローンも残っていたこともあり、ローン残債金額程度で売り払い、今は妹宅で同居をしています。

母の借金は生命保険の手術給付金で完済させました。

そんな実母の生活費について、妹より資金援助の依頼がありました。

現在の状況

現在の母の生活費は、ほとんど妹宅に負担してもらっている状況です。

兄弟の中でも妹宅の年収が一番多いので妹に甘えていました。

一応、同居を断った弟(長男)は毎月1万円ほど妹に渡しているようです。

私は母の携帯代を払っています。(といっても毎月3千円程度ですが💦)

資金面ではほとんど何もしていないので、仕事が忙しい妹の代わりに甥っ子の塾の送り迎えなどをやっていました。

「何とかなるさ」の母は自営業でしたが国民年金保険料もきちんと納めているわけもなく、現在の年金支給額も毎月4万円ほど。

その毎月4万円を妹宅に入れるわけでもなく、自分のいいように使っています。

主にはディサービス代などで消えているようです。

脳梗塞で倒れたときには命の危険もありましたが、今は1人でバスに乗ってショッピングセンターやスーパーに行くほど回復しました。

そこで年金を使って買い物しているようなのです。

なのでディサービスもそんなに毎日行く必要あるかな?と思っていますが、いろんな人と話したりして楽しんでいる様子。

しかし、昔から家計簿などつけたことがない母。

なので今も「何にいくら使ったのか分からない状態」でいつの間にかお金がないといいます。

妹家に子どもが増える

もうすぐ妹宅には子どもが生まれます。

今は妹も産休に入り、今後しばらくは育休手当が妹の主な収入。

もちろんフルタイムで働いていた今よりも収入は減るわけで…

それで今回の資金援助の話になりました。

心が狭い私が思うこと

母と同居してくれた妹夫婦、特に義弟にはとても感謝しています。

母と同居したことによって、義弟のご両親が「息子の家に遊びに行けなくなった」とおっしゃっていたそうです。

しかもその話は義弟のお姉さんからうちの妹にあったとのこと。

どういう意図で話されたのかは分かりません💦

妹もイヤな思いをしたことでしょう。

それと同時に長男夫婦には考えさせられるものがありました。

もちろん私の親でもあるので、私自身も何かしないといけないとは思っています。

もし、援助するとしても月1万円くらいしかできないと思いますが。

でも1万円って大きいですよ!

この1万円があれば米国株の積立や貯金に回せるのに!と思ってしまう私は親不孝者ですね💦

我が家の家計も余裕のあるものならば、快く援助してあげたい。

でも余裕があるわけではない。葛藤ですね。

週末に鳥のフンが頭に落ちてきて、「幸運の前触れかも」と喜んでいる場合じゃなかった。

最後に、直接本人には言えないので、ここで吐かせてください。

母よ!

自分の老後の資金くらいは準備しておいてほしかった!

「何とかなる」は「何とかならない」んだよ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です