家計管理

生命保険の見直しで浮いた2万円。この2万円をどうしていくか考える

固定費削減 使い道を考える

私の長年の夢だった(笑)生命保険の見直し。

夫ときちんと話し合った結果、毎月約2万円の固定費削減ができました。

この浮いた2万円を今後どんなポジションに置くのか…

私なりにいろいろと考えました。

圧倒的に現預金が少ない

我が家の財産目録を見ていただけるとお分かりになると思いますが、我が家はプラスの財産の中でも現預金が非常に少ないです。

今は毎月2万円ずつ貯金していますが、少し貯まっては大型出費があったりしてなかなか増えていきません。

お金関係の勉強のために読んだ本には最低でも生活防衛金として半年分の生活費は現金で持つべきと書いてありました。

我が家の場合、そのラインは200万円くらいだと思います。

今の預金残高では足元にも及びません💦

なのでこの2万円は現金で貯金するのが妥当だと思いました。

投資に充てたい気持ちもある

現金で貯金していくのが妥当だと思う反面、投資に充てたいと思う気持ちがあるのも確かです。

現預金で置いておくと何かの拍子で使ってしまいそうなのと、早い段階からコツコツ積立投資をして増やしたいなと思っているからです。

まぁ投資には100%ということはないので、もしかしたら含み損になるかもしれないというリスクはありますが。

もし投資に充てるとしたら、どの投資にするのか。

積立NISAやiDeCoを増額するのか、毎月購入しているワンタップバイでの米国株の金額を増やすのか。

それ以外の新し投資に挑戦するか。

どちらにせよ私は短期売買の投資はしないので、長期保有の予定です。

そしてこの2万円は消費に回すつもりはないので、プラスの財産が増えることは嬉しいことです。

うーん、どうしよう?しばらく悩みそうです。

 

ではでは、今回はこのへんで。

最後までお読みいただきありがとうございました(*’▽’)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です