水道光熱費

【11月検針の水道代】試していた節水対策は失敗どころか大失敗に終わりました

水道代の節約 節水 失敗

2ヶ月に1回ある水道代金の検針。

毎回1万円を超えていました。

そんな状況を変えたくて、インスタで見た節水対策を試したのが前回の検針後。

それから約2ヶ月が経過し、今回の検針となりました。

結果から言うと、この節水対策は我が家では失敗に終わりました💦

試していた節水対策

私が試していた節水対策は洗濯は「お急ぎコース」を使うというものでした。

「お急ぎコース」を使うことにより、すすぎの回数も少なく節水効果につながるとのこと。

この2ヶ月間、毎日の洗濯は「お急ぎコース」を使っていました。

水道代の検針票を見てショックを受ける

そんな中、ポストの中に入っていた水道代の検針票。

試していた節水効果を期待して、ワクワクしながら確認した私の目に映ったのはあり得ない数字でした。

水道代の検針 節約 節水

 

2018年11月検針の水道代
  • 使用期間⇒9月16日~11月16日
  • 上下水使用量⇒41㎥
  • 請求予定額⇒13,541円

前回と比べ使用量が7㎥もアップし金額も約3千円もアップ、前年同条件と比べても使用量が6㎥もアップしていました。

使用量アップの原因として思い浮かぶのは、洗濯の「お急ぎコース」しかありません。

洗濯機を確認して愕然とする

私はすぐに洗濯機を確認しに行きました。

そこで分かった衝撃の事実。

「お急ぎコース」は洗いの時間は短くなっているけど、すすぎは2回の設定になっていたのです。

対していつも使用していたコースは「すすぎ1回コース」。

いつも使っていたコースの方が洗いの時間は長かったけど、すすぎの回数は少なかったのです💦

洗濯するときは何も確認せずに「とにかくお急ぎコース!」と思って、すすぎの回数とか見ていませんでした。

次の日の洗濯から「すすぎ1回コース」に戻したことは言うまでもありません。

次回の水道代の検針票が以前のような数字に戻っていたら、原因は「お急ぎコース」に間違いありませんね。

次回の検針票は要チェックです。

 

ではでは、今回はこのへんで。

最後までお読みいただきありがとうございました(*’▽’)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です