夫のこと

【夫の会社の社長】これって人としてどうなの?

夫の会社の社長 人として問題あり

例年以上に少なかった、今年の夫の冬のボーナス。

夫の営業成績も去年よりは良くなかったし、去年より少ない支給額なのは仕方ないことだと思っていました。

しかし、昨日の夜に夫といろいろ話していて、夫の冬のボーナスの話になりました。

話を聞くと「夫の会社の社長って人としてどうなの?」と思う内容でした。

自分の思い通りにいかない社員は低評価

夫の会社はボーナス前になると各社員と上司がお互いに意見を言ったりする「ボーナス前査定」というものがあります。

営業の夫は営業部長と専務と自分の3人で話をしたそうです。

そこで「今シーズンの自分の営業成績はどう思うか?」とか「他に何か言いたいことはないか?」とか、まぁ、いろいろ話すわけです。

でも結局は、ボーナスの支給額は社長の独断と偏見で決まるのです。

しかも自分に意見を言ったり、自分の思い通りにいかない社員は営業成績がよくても低評価。

ボーナス支給額は安いようでした。

夫も自分の意見は比較的ハッキリというほうなので、社長としては可愛げのない社員なのでしょう。

これって「ボーナス前査定」の意味がありませんよね?

ハッキリ言って時間のムダでは?と思います。

去年入社した若手社員よりボーナスが低いって…

夫は「去年よりボーナスの支給額が低いのは自分でも納得している。目標達成できていないし、去年よりも営業成績も悪いから」と言って、去年よりボーナスが少ないのは納得していました。

しかし、他の社員の人たちとボーナスの話になった時、衝撃的な事実が判明したのです。

それは去年入社した若手社員よりもボーナス支給額が低かったこと

その若手社員の人が営業成績もよく、目標も達成しているなら納得いったのでしょうが、そういうワケでもない。

ただ、まだ入社して日が浅いので社長の言うことはよく聞いていたようです。

要するに社長からみたら自分の思い通りになる可愛げのある社員ということのよう。

他にも営業成績は良かったのに社長から気に入られていない社員の人もボーナス支給額は少なかったようです。

噂によると自分のボーナスは満額支給したらしい

そしてもっと信じられない話。

一般社員のボーナスは少なく支給したくせに、自分のボーナスだけは満額支給したとのこと。

おそらく3桁は手取りでもらっているらしいのです。

夫も我慢していたらしいのですが、どうにも我慢できなくなり、立場的には社長のすぐ下になる専務に話をしたそう。

専務も各営業のボーナス支給額は把握しており、「すまないが、もう少し我慢してくれ」との返事だったそうです。

こんな会社なら転職も視野にいれたほうがいいのでは?と正直思っちゃいます。

給料の金額の割りには、スーツやら靴やら車やら、今の会社にいることによってお金のかかるものばかり(;’∀’)

現に今月中には勤続年数15年以上の中堅社員の人が2人も退職するとのこと。

夫も「来年の総会のときに社長が退任しないなら自分の身の振り方も考える」と言っているけれど、どうなることやら?

そうなったら私ももっと頑張らないとなー。一家全体の収入をキープしなくては!!

 

ではでは、今回はこのへんで。

最後までお読みいただきありがとうございました(*’▽’)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です